無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

« 2017年5月 | トップページ

2017年7月

2017年7月18日 (火)

急いでいってしまったミー君

花子をお空に送り出した翌日 4月の28日

ミー君の体中のリンパ節が腫れ上がった

驚いた母と妹が翌日に病院に連れていくと

ほぼ間違いなく悪性のリンパ腫だろうという診断

一か月前に受けた健康診断ではオールAのハナマル印を貰っところ・・・何で?

モモの散歩中だった私も公園で一緒にいたワン友さんと一緒に病院に駆けつける

レントゲン室から出てきたミー君 健気にしっぽを振ってくれる

ミー君が大好きなワン友さんに手伝ってもらって超音波の検査

Img_1820

意外にじっとしてくれて

Img_1821

と言うか抱きしめられて嬉しそうに甘えまくってる

その後に出た検査結果でリンパ腫確定

北海道のお友達のスタンプーちゃんがリンパ腫で二年戦ってるので

いろいろ相談に乗ってもらう

他にもたくさんアドバイスをもらったりして

通院圏内に腫瘍の専門医がいること教えてもらい

紹介して頂きそちらでお世話になることに

先生も病気と治療法についてわかりやすく説明して下さり

より効率よく治療すために

5月8日

リンパ腫の細胞を採取して30種類の型を特定する検査を二泊入院して受ける

結果は悪性度の高いB細胞性リンパ腫の中でも一番最悪な

び漫性大細胞B細胞性リンパ腫(DLBCL)

だと判明し、家族みんなどん底へ突き落とされる

Img_1866

そんな中でも、笑顔をくれるミー君の力を信じてできる限りの治療をしようと

先生に抗がん剤のプランを立ててもらう

5月18日にオンコビンの投与から始めましょうと

家族みんなで頑張ろうね!って気持ちを一つに

5月14日

ミー君の大好きなお友達かのんちゃんとほのかちゃんが遊びに来てくれる

Img_1895

嬉しくて仕方ないミー君dog

Img_1900

とびっきりの笑顔heart

そしてこれが私が撮ったミー君生前最後の写真・・・

抗がん治療開始前日にミー君の調子が悪くなる

フラフラして息も荒くしんどそう

翌日母が朝イチで病院へ連れて行く

とても抗がん治療できる状態ではなく入院することに

その晩母と妹で病院に面会

家に連れて帰るか悩むが、しんどそうなのが可哀想でその晩も病院で点滴してもらうことに

翌19日朝

病院から母へ電話

ミー君が敗血症を起こしているとのこと

母も私もそれぞれ病院へ向かう

診察室で会ったミー君

床にタオルを敷いてもらって横たわっている

私達を見たらエリザベスカラーした首を一生懸命に上げる

息遣いが荒い

敗血症により腎臓にダメージが起き始めてるが

おしっこも自力でできるし数値もそこまで悪い状態ではないとの事

このまま点滴を投与するのでまた夜に面会に来てください

その時の状態でおうちに帰すかどうか決めましょうと、先生

後ろ髪思いっきり引かれながらもミー君とバイバイ

母もあまり食事が喉を通っていないようなので

美味しいお弁当屋さんでお弁当を買って実家へ

母とそれを食べている時に電話が・・・

ミー君の心臓が止まったと・・・

私たちが病院を後にした30分後くらいらしい

その後先生が一生懸命蘇生を試みてくださったようですが

ミー君の息は戻らず

急いで病院に戻って、もう動かないミー君と対面

なんで・・・ どうして・・・ としか言葉が出ない

リンパ腫の治療を受けることもなく逝ってしまったミー君

自分で自分の最期を決めていってしまったのか

花子が寂しすぎて連れて行ってしまったのか

これがこの子の運命だったのか

私にはわからない

ただただ突然過ぎて

そしてあまりのタイミングで

途方にくれた

実は私

ミー君の亡くなった三日後 22日からアメリカに行く事が決まっていた

ちゃんと母と妹と一緒に私もお別れできるようにしてくれたの?

それはあまりに悲しすぎるよ

Img_2014

花子と続いてしまったので多く知らせなかったのに

ミー君にもこんなにたくさんの綺麗なお花が届いたよ

名前の通り水色が多くて凛とした花たち

お友達の優しさに感謝です

我が家で生まれて一旦山口に巣立って

そこでとても辛い思いをしたけど、大好きなこのおうちに戻って来れて

母と妹から沢山の愛情を受け

週に一度帰る私と公園に行くのを何よりも楽しみにしてくれて

私が作る毎年のお誕生日とクリスマスのケーキをとてもとても喜んでくれて

大きな病気もせず

病院ばかり通ってるモモちゃんに

母が「ミー君ばかりが身体が丈夫で申し訳ないね・・・」と言っていた

体も立派で逞しくて兄弟で一番長生きするかもね!と言っていたのに

なぜ・・・

その存在がとても大きかっただけに失った時の虚無感は測りしれません

母が笑顔を取り戻す日もまだまだ先になりそうです

clover

                      色々心配かけてごめんなさい

                      モモちゃんは鍼治療を受けて

                      この一週間調子はいいです!

                        にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

                     にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ     

2017年7月 4日 (火)

お久しぶりです

すっかりご無沙汰してしまっています
花子ママです

何から話せばいいのだろう…と

こんな放置ブログなのに
見て下さってる方がいて
書かなくちゃ、書かなくちゃと思いながら
今日になりました
でもかいつまんでになります
また詳しくは後日に

実はみーくんは
5月の19日に亡くなりました
リンパ腫の治療を待たずして敗血症で命を落としました
あまりに突然の事で母のショックも計り知れません

そしてモモちゃんは
5月の末から喉頭麻痺による呼吸困難の発作を5回も起こしています

一旦発作が始まったら息ができずチアノーゼを起こして、
1番酷い時は気を失いました
最悪はそのまま亡くなります

いつどのタイミングで発作が起きるかわからず
一時も気の休まらない状態ではあります
今からの猛暑も怖いです

一昨日も突然発作が起き、緊急用の酸素缶で対応しました
昨日急遽酸素発生器のレンタルもしました

何かに呪われてるのか?そんな感じの最近の花子家です

コメントのお返事も放置したまま申し訳なく思っています
もう少し落ち着くまで…ごめんなさい







clover



花ちゃん
まだ、モモちゃんは連れて行かないでweep

                         にほんブログ村 犬ブログ テリアへ  




                     にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ     




« 2017年5月 | トップページ